第158回芥川賞と直木賞の選考会が1月16日夜、東京で開かれ、芥川賞には石井遊佳さんの『百年泥』と若竹千佐子さん『おらおらでひとりいぐも』、直木賞には門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』が選ばれました。

みなさん、どの本が気になっていますか?
私は若竹千紗子さんの『おらおらでひとりいぐも』です。

ご存知の方も多いかと思いますが、
『おらおらでひとりいぐも』
というのは、宮沢賢治の『永訣の朝』という詩の一説。

宮沢賢治にちなんだ作品が芥川賞、直木賞で二作品並びました。

■著者プロフィール
<わかたけ・ちさこ> 
1954年、岩手県遠野市生まれ。岩手大卒。2017年、「おらおらでひとりいぐも」で文芸賞を受賞しデビュー。芥川賞候補は初めて。千葉県木更津市在住。

<かどい・よしのぶ> 
1971年、群馬県桐生市生まれ。同志社大卒。2003年「キッドナッパーズ」でオール読物推理小説新人賞受賞。直木賞候補は3度目。大阪府寝屋川市在住。

<いしい・ゆうか> 
1963年、大阪府枚方市生まれ。東京大学大学院で中国仏教を研究。2015年からインド・チェンナイにあるIT企業で日本語教師として働く。17年に「百年泥」で第49回新潮新人賞。芥川賞候補は初めて。

作品を一作品書き上げる力は、本当にすごいと思っています。
今まで書きあげて、世に出してない作品がある方、是非弊社のPOD出版を使ってみませんか?

興味がある方はこちら!

【芥川賞】TOPICS

    2018/11/18 芥川賞

    備考:恋人と大喧嘩の果てオーバードーズで精神科病院の閉鎖病棟に運び込まれる主人公。その再生までを描く、深刻かつコミカルな作品。芥川賞候補作。



【直木賞】TOPICS

    2018/11/17 直木賞・本屋大賞候補作を超えた

    ミステリの舞台は、ヒトラーが亡くなり、戦争が終結したばかりのベルリン。荒廃した街を米・英・仏・ソ連からなる連合軍が統治下するも、冷戦へと続く、米英仏 vs ...